毛抜き使った脱毛について

脱毛したいときには「毛抜き」という、やや意表をついた古典的なツールで脱毛するという方法も考えられます。

しかしこの方法の場合、メリットよりもデメリットのほうが大きいと考えられます。

毛抜きで脱毛するメリットとデメリット

まずはメリットに関してですが、自宅で自由な時間にでき、お金は一切かからないということでしょう。また、小回りが利くというか、細かい部分の脱毛には確かに適性があると言えるでしょう。

しかし、毛抜きをつかった脱毛のデメリットは、肌にダメージを与えてしまうおそれがあるという本質的な部分にあり、これが、この方法での一番の懸念材料ということになります。

毛抜きによる脱毛は毛穴が広がってしまう

毛抜きを用いる脱毛の弊害として最もリスクが高いのが、「毛穴が広がってしまう」ということです。

1回だけならほとんど影響はありませんが、この方法で永久脱毛ができるはずもなく、とすると、時間とともにまた毛抜きによる脱毛が必要になってくることは間違いありません。

そうなると話は別、やはり毛穴の開き、肌のダメージを受けてしまう可能性が非常に大きくなります。

もちろん、アフターケアをすることによって、肌へのダメージは最小限にとどめることができるはずですが、しかし素人がアフターケアについて知っているはずもありませんので、肌へのダメージを考えると、この方法はやはりおすすめできないということになります。

繰り返し行うことは避け、脱毛するときにはケアに注意を

また、時間的にも、1回ごとの時間はそれほどではないかもしれませんが、繰り返し行うことで、最終的には相当多くの時間を毛抜きによる脱毛に費やすことになりますので、そうした面についてもデメリットは大きくなってしまいます。

特にお金がない学生さんは、この方法を多用する人少なくないようですが、どうしても実行するという際には十分注意してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ